二児の母です。妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋

二児の母です。
妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本に載っていたように、排卵日を特定した後上手にタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安でどきどきしていました。
結果は女の子でしたから、主人持とても喜びました。産み分けをして良かっ立と思っています。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいますね。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してちょーだい。葉酸はほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は摂取できているという事ですね。妊婦にとって葉酸は大変重要な栄養素の一つです。
それでは、もし葉酸が不足したら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天的な障害を発症しやすくなると言われている沿うです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取がもとめられます。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
亜鉛が卵巣に働聞かけ、健康的な卵子を成熟指せるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。質の高い精子を創ることを助けてくれるんですね。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を初めてみるのが良いと思います。
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多くふくむ代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてちょーだい。
赤ちゃんを授かっている時は持ちろん、妊活期間から十分な摂取がもとめられる葉酸なのですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもあるでしょう。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。
容易な摂取が可能ですから、仮にご飯での摂取が不十分だとしても心配の必要が無くなります。お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。
この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。
葉酸は食品にふくまれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。
ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。ですが、総合サプリに多くの成分が含有してい立としても、その中でどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分と照らし合わせて、総合サプリを選ぶようにすればミスないと思います。妊娠しづらいように感じ初めたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役たちます。基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというおヤクソクがあるでしょうから、それに従って毎日続けるのが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いみたいです。妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があるでしょう。
とはいえ、毎日沢山の野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。
一例としては納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。いまの不妊状態から脱出するのに、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。精子や卵子は、お父さん・ママの栄養をベースにして創られるのですから、不健全な食習慣の下では妊娠しやすいげんきな卵子、精子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。
妊娠しやすさのためには夫妻そろってバランス良く健康的な食習慣を続けていくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA